スイーツ

【くれは製菓(富山市)】富山愛がつめ込まれた和菓子を食べられ!!

れお坊

こんにちは。富山に移住して7年目のれお坊です。

今回は、富山市呉羽にある「くれは製菓」の和菓子をご紹介します。

梨が有名な富山市呉羽地区。
梨を使ったスイーツがたくさんありますが、その他のスイーツもおいしいですよ。

富山に来たら絶対食べてみてほしいと思う和菓子を2つ、ピックアップしてみました。
どちらも富山ならではの特徴があるのでお楽しみに。

さぁ、さっそく見てみましょう。

スポンサーリンク

「くれは製菓」への行き方

富山駅からあいの風富山鉄道に乗車し、最初の駅呉羽駅」で下車します。
乗車時間は5分ほど。

駅から徒歩10分で「くれは製菓」に到着です。

「くれは製菓」の和菓子

昆布おはぎ

まずご紹介したいのが、昆布おはぎ。

昆布おはぎ
引用元:くれは製菓公式WEBサイト
れお坊②
れお坊②

県外の人が見たら、びっくりのヴィジュアルね!

富山県民は昆布が大好き。
よく見かけるのは、昆布で見事に覆われたおにぎりです。

こちらの「くれは製菓」にあるのは、そのおはぎバージョンといったところでしょうか。
小さめでコロンとした形自体はかわいらしい。
が、しかし。
昆布がふさふさと全体にまぶされて、インパクト抜群!

お味は、甘い、しょっぱい、酸っぱいが組み合わさった感じ。
甘じょっぱい中に、ほんのり酸味といったところでしょうか。

賛否が分かれると思いますが・・・。
一度お試しあれ。

朝乃山どら焼き

富山市呉羽と言えば、朝乃山。
応援している雰囲気満載のお店がたくさんあります。

朝乃山どら焼き
引用元:くれは製菓公式WEBサイト

こちらの「くれは製菓」のどら焼きには、朝乃山の焼印が入っています。

似てるかな、どうかしら。
ほっぺの丸がチャームポイントみたいでかわいいです。

あんこと栗甘露煮が口の中で甘く広がります。
とってもおいしいですよ。

その他にも、梨を使ったスイーツやチーズケーキなど和菓子と洋菓子がたくさんあります。

まとめ

今回は、富山市呉羽にある「くれは製菓」の和菓子をご紹介しました。
いかがでしたか?

富山市呉羽には有名な呉羽梨があります。
呉羽梨を使った和菓子や洋菓子が数多く製造・販売されていて、注目されています。

そうそう、呉羽の観光やスイーツ店をまとめた記事もあるので、ぜひご覧くださいね。

しかし、富山県民が愛する昆布を使ったり、出身力士の焼印を入れたりと、富山ならではのものもなかなかのおいしさです。

他の地域ではお目にかかれないと思うので、富山に来た際にはぜひ一度食べてみてください。
旅の思い出や記念になると思います。

くれは製菓
住所:〒930−0137富山市呉羽本町2951
営業時間:8:00〜19:00
定休日:木曜日
TEL:076−436−6730

記事を最後まで読んでいただきありがとうございます。
それでは、次の記事でお会いしましょう。

スポンサーリンク
ABOUT ME
れお坊
れお坊
障がい者支援施設サービス管理責任者
愛知県出身。当ブログ管理人の妻。 愛知県の特別支援学校教師を経て、2017年より富山県の障がい者支援施設で働きはじめ、後にサービス管理責任者として施設運営に携わる。 趣味はディズニーリゾート散策。犬の散歩。好きな食べ物はコーンスープ。 「ディズニー好きな人は絡んでくれるとうれしいです! 最近買って良かったものはティンカーベルデザインのメガネですw」
Multiplex広告
記事URLをコピーしました