グルメ

富山の隠れた蕎麦の名店【福籠(ふくろう)】人気メニュー「淡雪」を食べてきた

れお坊

福籠(以下ふくろうと表記)は富山市山室エリアにある蕎麦屋さんです。

山室は富山市まちなかエリアから南東4キロメートルほど離れた場所にある住宅街です。

電車で行く場合は、富山地方鉄道「大泉駅」が最寄りの駅になります。

スパアルプスに宿泊する人や立山黒部アルペンルートへ旅行する人にとっては立ち寄りやすい場所かもしれませんね。

ふくろうの店舗は山室の住宅街の中にひっそりと佇んでおり、少し場所が分かりにくいです。

しかし、蕎麦は富山県民なら折り紙つきの八尾産なので行く価値は充分にありますよ。

香りが豊かでコシのある細麺の蕎麦を食べられるときたら行かないわけにはいきませんからね。

スポンサーリンク

お店の雰囲気は?

ふくろうは一般住宅を買い取ってお店を作ったようなので、店内は大変アットホームな感じ

まるで親戚の家に招かれたような感覚になります。

気さくかつ丁寧な店員さんがすぐにオーダーを取りにいらっしゃいました。

ふくろうの自慢のメニュー「淡雪」と海老天丼セットを頂く

「淡雪(あわゆき)」は、卵白と山芋のメレンゲがかかった手打ち蕎麦

クリーミーなメレンゲとコシのある細麺でバランスの良い食感が味わえます。

また、おしゃれな器も食欲が増しますよね!

なんといってもこれが最高に美味しく、クセになりそうなメニューです。

家内は海老天丼とミニ蕎麦をオーダー。

海老天とは書いてあるものの、蓋を開けたら、色々なタネの天ぷらがごっそり!
これはお客さんを喜ばせるためのトリックかと思いました(笑)。

最後に蕎麦屋さんお決まりの蕎麦湯。

この日は寒の戻りで外が寒かっただけに、温かくてとろりとした蕎麦湯は嬉しいサービスでした。

福籠(ふくろう)まとめ

今回ご紹介したのは、富山市山室エリアにある隠れ家的な蕎麦屋さん「ふくろう」です。

すべての食べ物が美味しい富山は、当然蕎麦だって美味しいに決まっている!ということで、たまたま見つけた蕎麦屋さんに入ってみました。

まちなかから少し離れた住宅街の中にあり、決して県外から公共交通機関で訪れた人にとっては行きやすいお店ではありません。

しかし、八尾産のそばを原料に、石臼挽き&手打ちしたのなら、富山県民に言わせれば間違いのないチョイスです!

もし、皆さんが蕎麦好きなら行く価値は充分にあります。立山黒部アルペンルートへ行く人なら比較的立ち寄りやすいので、旅程に入れてみても良いかもしれませんね。

それでは。良い一日を!

スポンサーリンク
ABOUT ME
れお坊
れお坊
障がい者支援施設サービス管理責任者
愛知県出身。当ブログ管理人の妻。 愛知県の特別支援学校教師を経て、2017年より富山県の障がい者支援施設で働きはじめ、後にサービス管理責任者として施設運営に携わる。 趣味はディズニーリゾート散策。犬の散歩。好きな食べ物はコーンスープ。 「ディズニー好きな人は絡んでくれるとうれしいです! 最近買って良かったものはティンカーベルデザインのメガネですw」
Multiplex広告
記事URLをコピーしました