グルメ

まるたかや(富山)|人気の秘密はカラメル色のスープと背脂揚玉にあり!?

れお坊

「まるたかや」は、8番ラーメンと並んで富山県で親しまれているラーメン店のひとつです。もともと屋台から始まった「まるたかや」は、ひとり旅の方にも気軽に入れるお店です。

こんにちは。全国通訳案内士のYUICHIです。

今回は富山で人気のラーメン店である「まるたかや」を紹介します。

「まるたかや」は戦後の復興期に屋台でラーメンとおでんを提供しているお店でした。

屋台のラーメンというと、のれんの向こうで昭和のサラリーマンが独りで温かいラーメンやおでんを食べている光景が目に浮かびます。

そのころの味をそのままに、今でも「まるたかや」は富山市内を中心に県内で数店舗展開されており、世代を超えて親しまれているラーメン屋さんです。

「まるたかや」は富山県内の主要観光スポットの近くにも出店しているので、観光のついでにランチなどで立ち寄ってみるのもいいでしょう。


スポンサーリンク

「まるたかや」はどこにある?

「まるたかや」は下記の通り、富山市内を中心にたくさんの店舗を展開しています。富山県民にとっては、8番ラーメンに次いで身近なラーメン屋さんと言えます。

県外から訪れた観光客の皆さんにとっても観光スポットのそばに立地している店も多いので、観光の合間に立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

特に牛島本店と富山駅前店は富山駅から歩いて5~10分程度でアクセスできるので富山市内の観光ついでに立ち寄れます。

■ 牛島本店
富山駅北口を出て歩いて5分の好立地です。富岩運河環水公園の散策とセットで立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

■ 富山駅前店
名前の通り、こちらも富山駅から近くて便利。しかし、つけ麺、ワンタン麺、富山ブラック、ざるラーメン、煮干しラーメンなど、ラーメンの種類が豊富なので、色々食べてみたい方には富山駅前店をおすすめします。また富山城址公園松川に近いので、まちなか観光に組み入れてみてもいいですね。

■ 新庄店
東新庄駅から歩いて10分弱。近くには薬種商 金岡邸という昔ながらの薬屋さんがあり、観光スポットのひとつになっています。金岡邸の見学ついでに立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

富山市郊外には以下の2店舗があります。

■ 豊田店 岩瀬方面へ至る産業道路(県道172号線)沿い

■ 赤田店 大沢野方面へ至る県道318号線沿い

富山市以外は以下の3店舗。

■ 射水店 射水市小杉エリアの店舗です。あいの風鉄道「小杉駅」から15分ほど歩いたところに店舗があります。小杉は鏝絵、小杉焼、木象嵌など伝統産業の盛んな町です。町歩きをしていると、至るところでそれらの作品を目にします。

■ 魚津店 あいの風鉄道「魚津駅」から10分ほど歩いたところに店舗があります。魚津は蜃気楼の観れる港町として知られています。また美味しい魚介料理が食べられる場所でもあります。特にバイ飯というバイ貝をトッピングしたローカルフードは要チェックです!

■ 砺波店 JR「砺波駅」から15分ほど歩いたところに店舗があります。毎年ゴールデンウィークの時期に開催されるチューリップフェアで有名な町です。


「まるたかや」の看板ラーメンは?

「まるたかや」は富山の屋台ラーメンの代表格です。「まるたかや」のラーメンは一見醤油ラーメンですが、白濁しない豚骨スープがベースになっています。

カラメル色のスープがとてもきれいで、食欲をそそります。僕の好みはねぎラーメン。

カラメル色のスープとネギの香りのコンビネーションが素晴らしいです!

麺は富山県内では定番の中太麺。食べ応えがあってしっかりとお腹を満たせます。

ネギはとても綺麗に盛り付けられており、食べてしまうのが勿体ないくらい。

最初はありのままのラーメンの味を堪能。麺にはほどよいコシがあり、ネギはシャキシャキで食べ応えが半端ないです!

お次は味変にも挑戦。

「まるたかや」の味変アイテムは、背脂揚玉と臭みの無い青森県産のにんにくです。

その後は背脂揚玉を投入。これぞ「まるたかや」を「まるたかや」たらしめるアイテムです。カリカリっとした背脂の食感が楽しいですよ。

屋台を始めたころに、大将がラーメンを作る過程で揚げていた背脂を、お客さんがラーメンに入れてみたらとてもコクが増して美味しかったと好評を得たことから、味変の定番アイテムになったのだそうです。

もしよければ、青森県産の低臭にんにくも追加してみてください。まろやかなスープに強い香りのアクセントが入ります。

「まるたかや」のトッピングには以下のようなものもあります。お好みに応じて追加しましょう。




がっつり派なら、うまこくネギラーメン&ライスで

うまこくネギラーメンは、ごま油で炒められたネギがラーメンの上でヒタヒタになった状態でトッピングされているラーメンです。

こくうまネギは塩分高めなので、ライスに乗せてかき込んでみてくださいね。




「まるたかや」は、おでんも食べられる珍しいラーメン屋さん

実は「まるたかや」はおでんも出している珍しいラーメン屋さんなのです。しかもご当地ものの「富山おでん」ですよ。

「富山おでん」はとろろ昆布やなるとのかまぼこなど北陸らしい食材が入っているのが特徴です。おでんは地域性が出るので、他の地方を訪れたら一度は食べておきたい料理ですよね。




「まるたかや」ではアルコールの提供も?オリジナルカクテル「赤割」とは?

「赤割」ってなに?って思う方は多いでしょうね。かくいう僕も「まるたかや」で初めて知りました。

「赤割」は焼酎をワインで割った飲み物です。お客さんに安くて酔ってもらえるために、大将が考案したものだそうです。7:3が定番のようですが、自分好みにお酒の比率を変えてもらえるので、お好みの比率を見つけるのも楽しいですよ。


「まるたかや」 まとめ

今回は富山県内各地で親しまれている老舗のラーメン屋さん「まるたかや」を紹介しました。いかがでしたか?

富山県内では8番ラーメンに次いで店舗数の多いラーメン店なので知名度は抜群です。

また観光スポットの近くに立地している店舗も多いため、県外から訪れた観光客の皆さんにとっても立ち寄りやすいラーメン屋さんです。

「まるたかや」のラーメンの特徴はなんといってもカラメル色の見るからに美味しそうなスープとカリカリの背脂揚玉でしょう。

また「富山おでん」を食べられる珍しいラーメン屋さんでもあるので、全国各地のおでん巡りをしている方にもおすすめできます。

ラーメン激戦区の富山を深掘りするなら「まるたかや」は欠かせません。ぜひ次に富山を訪れたら立ち寄ってみてくださいね。

それでは最後まで記事をご覧いただきありがとうございました。

 

 

 

 

スポンサーリンク
ABOUT ME
れお坊
れお坊
障がい者支援施設サービス管理責任者
愛知県出身。当ブログ管理人の妻。 愛知県の特別支援学校教師を経て、2017年より富山県の障がい者支援施設で働きはじめ、後にサービス管理責任者として施設運営に携わる。 趣味はディズニーリゾート散策。犬の散歩。好きな食べ物はコーンスープ。 「ディズニー好きな人は絡んでくれるとうれしいです! 最近買って良かったものはティンカーベルデザインのメガネですw」
Multiplex広告
記事URLをコピーしました